published by よねさん

チャールズ・ファーガソン監督作品のドキュメンタリー映画。

扱っているテーマは、2008年に起こったサブプライムローン崩壊 ⇒ リーマン・ブラザーズ破綻を発端にした世界同時不況の原因と、その後に世界がどう変わっていったのかを、当時の関係者のインタビューを通して明らかにしていく、という構成。

サブプライムローン崩壊の原因は当時割と色々と調べて概要は理解したつもりでいた。以前観たマイケル・ムーア監督の「キャピタリズム」でも扱っていたテーマでもあるし。

今回この映画を観て、その知識を改めて補完させてもらった。

CDS(Credit Default Swap)の仕組みは知っていたが、それがCDO(Collateralized Debt Obligation:債務担保証券)への保険だってところまでは知らなかった。なるほどね。。サブプライムローンをCDOとして証券化し、そのデフォルト時のリスクをCDSでさらに保険をかけていたわけか。。改めて聞くと、ほんとひでー話。自分達で売ったクソ証券がいずれ紙くずになるとわかった上で他人に売りつけ、自分達はそれに対して保険までかけてたんだから。

結局、リーマン破綻後にAIGに税金投入された際、そのCDSという保険により、投資銀行はさらにお金を儲けた。

もっとも、「知られざる真実」という副題だが、この辺りのことは結構みんな知ってるんじゃないだろうか?誰が本来責任を取らないといけないのかも。。

驚きなのが、当時の戦犯とも言うべき、(投資)銀行/証券会社/各付け会社の経営者達、御用学者、JBR長官などが、今なおオバマ政権で主要役職についている、という事実。日本でもよくある聞く話ではあるが。アメリカは日本より自浄作用が働く国だと思っていたけど、そんなコト無いってことを改めて認識。人の「欲望」に国境は無いということか。。悲しいことだけれど。

「キャピタリズム」の感想でも書いたが、結局「欲望」の問題なんだよね。過去の責任取らないのも、今だに権力を持ち続けてる(保身に走る)のも。

「足るを知る」

ウォール街の人たちは、この精神が全く無い。それどころか、麻薬やお酒と同じで「依存症」のようにも見える。「お金」依存症。使い道があって欲しいのではない。単に欲しいだけ。何故か?「お金だから」。自分達でも歯止めがかけられないんだろう。それゆえ「依存症」。だから、システムとして「規制」する必要があるのだが、権力の中枢に食い込み、「規制」反対の立場を取り続け、それすらさせない。

ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーの社員給与が不況前より高いなんて聞くと、ほんとバカじゃないのか?この国は?と本気で思ってしまう。街中では失業者が溢れてるのに。。

まぁ、とは言え、所詮は他人(国)事。
アメリカを反面教師にしつつ、それを受けて日本でどうするかって方が大事。

日本でもバブル後の「失われた10年(20年)」のドキュメンタリー映画作ろうと思えば作れるはず。しかし、こういったドキュメンタリーは日本では皆無。まして、大きな賞を取るなんて・・。

まだ被災地で頑張ってる人たちがいる中でなんだけど、今回の大地震の政府や東京電力の対応について、数年後にこんなドキュメンタリー映画が作られるような環境を作っていく必要があるんだよね。

映画観終わって、そう強く感じました。

□「インサイド・ジョブ」公式HP
http://www.insidejob.jp/

今のところ「「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」」にコメントは無し

コメントを残す