published by よねさん

サッカーW杯を見てて思うんだけど、世界にはほんと色んな国がある。

いわゆる先進国であれば、名前も場所も一致するけど、例えばトリニダード・トバゴって南米にあるこんな小さな国なんだなぁーとか、コートジボアール/アンゴラ/トーゴはアフリカなのね(しかも3カ国並んでる。ってことは、アフリカの中でもこの辺はサッカーが盛んなのかな?)、などなど新しい発見があって楽しい。

昔から地図見るの好きで、(…妄想癖あるのかな(笑))それぞれの国のこと想像してると楽しくなってくる。

ただ自分が持ってる地図は学生時代に使ってたやつだから、情報が古い。
逆に世界の地図が数年でこれだけ変わってるってのが面白い。

今回W杯にも出場してるけど、クロアチアとかセルビア・モンテネグロ(新ユーゴ)は、僕の地図だとまだユーゴスラヴィアのまんまだ(ユーゴスラヴィアって「南スラブの国」って意味なんだね)。
旧ユーゴは、今はスロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア・モンテネグロ、マケドニアに別れてるのね。。しかもセルビアの中には今現在も問題抱えてるコソボ自治区もあるのか…名前は聞いてたけど、今まで場所をちゃんと意識したコト無かったな。

それと、イタリアセリエA「ACミラン」のエース、シェフチェンコのいるウクライナも、僕の地図だとまだロシアの一部だ。(と言うか、この地図まだソビエト連邦だ(笑))

1990年頃は、ソビエトが崩壊し、東西ドイツが合併し、ユーゴスラヴィアも崩壊してたのか…ヨーロッパは大変な時代だったんだなーなんて、今更ながらに実感しちゃった。

…なんーてコトを考えながら、W杯を楽しむのもありではないでしょうか?

今のところ「いろんな国」にコメントは無し

コメントを残す