タグ:

Wi-Fi

タイトル通り、iPhone使って証明書必要なWi-Fiネットワークに接続する方法があるかどうか?実験してみた。

iPhoneは自動でWi-Fiネットワークを探して出してくれて、特に認証必要無ければ自動でWi-Fiにつないでくれる。ほんと素晴らしい。これに慣れてしまうと、日本製の携帯電話にはもう戻れないし、戻る気にすらならない。

以前からWi-Fiにしろ、Bluetoothにしろ、無線の通信をもっと携帯電話で実現できれば・・と思っていたのだが、回線使用料で稼いでいる日本の携帯キャリアでは実現するはずもなく、これまた予想通りに海外勢に優位性を奪われた。

まぁ、これはこれで望んだこと。
この国は黒船が来ないと変われない。

⇒ 続きを読む

数日前に、「livedoor Wireless」サービスとFONが提携し、FONユーザはlivedoor Wirelessスポットを無料で利用できるようになる、という下記のようなニュースが流れました。

ユーザー宅に設置したアクセスポイントを開放するユーザー参加型の公衆無線LANサービス「FON」を手がけるフォン・ジャパンは4日、ライブドアとの業務提携を発表した。これにより、ライブドアが運営する公衆無線LAN接続サービス「livedoor Wireless」のアクセスポイントを、FONユーザーが利用できるようになった。

今回の提携では、livedoor Wirelessのアクセスポイントに「FON_livedoor」というシグナルを追加した。FONユーザーはFON_livedoorに接続し、 FONのID・パスワードを入力してログインすると、ライブドアのポータルサイト「livedoor」のトップページが表示される。その後は、 livedoor以外のページ閲覧やメール送受信などを含む通常のインターネット利用が可能となる。ただしログインしない場合、閲覧できるコンテンツは livedoorの全コンテンツに限られる。

利用可能なFON_livedoorのアクセスポイント数は、サービス開始時点で約100カ所。その後順次拡大し、2月11日からは約2,200カ所のlivedoor Wirelessが保有するすべてのアクセスポイントをFON対応にする。

FONのアクセスポイントは2月3日現在、都心部の住宅地を中心に全国で約31,000カ所に上る。一方、livedoor Wirelessは、東京23区の屋外エリアを中心に約2,200カ所のアクセスポイントを保有しており、JR山手線圏内の約80%をカバーしているという。なお、公衆無線LAN接続サービス事業者が敷設したアクセスポイントをFONユーザーに開放する業務提携は、世界で展開するFONでは初めての取り組みとしている。…

⇒ 続きを読む