タグ:

iTunes

今回も備忘録的なネタ。

iTunes(Version11.0.2)でアルバム毎に楽曲を見る際に、発売日順に並び替えられると、昔のアルバムと新しいアルバムの区別が付いてわかりやすい。ただ、どうもデフォルトだと発売日順にはなっていないみたい。

発売日はアルバムを選択&右クリック(MacはControl+クリック)して[Get info]を選び、Infoタブの「Year」項目に入力すれば登録できる(下図)。最近はArtworkを登録したら自動で登録されるのかな?たまに情報間違ってるときあるから、その場合はこの項目を自分で直せば良い。 ⇒ 続きを読む

備忘録的にメモ書き。

今の「iTunes 11.0.2」では、アルバムや楽曲に対して、アルバムジャケットを登録できる。
アートワーク(Artwork)と呼ばれてる機能。

で、そのデータをWeb上でダウンロードしたかったら、楽曲を選んで右クリックで(Macであれば、Controlキー押しながらクリックして)以下を表示させる。

Screen Shot 2013-04-10 at 22.27.25

英語なのはご勘弁を。。。並び順は同じなので、日本語版は読み変えてちょーだい。
この中の「Get Album Artwork」を選べば、自動的に(おそらく)Appleのサーバに登録されているであろう、Artwork画像をダウンロードして登録してくれる。
(なお、どうやらApple ID登録していないと、この機能使えないみたいです・・)
⇒ 続きを読む

前々からMDの音楽データをMP3化にして、iTunesに入れたいと思ってた。で、それをiPhoneに入れて聴きたい!って。

MDは発売当初から使ってて、当時は60分のMDが1枚1000円くらいした。今となっては信じられない価格だけど、実際そうだったのよね。大学生の頃。

俺は大学入学して、日本発のVictorのMDコンポを買って、MDに色々と音楽を落として聴いてた。

その後、SONYのネットワークウォークマンを使うようになってから全くMDを聴かなくなった。

⇒ 続きを読む

よく拝見させてもらっているブログ「百式管理人のライフハックブログ」からのネタ。
情報元は以下のリンク。
http://www.ideaxidea.com/archives/2009/07/youtube_and_itunes.html

なんと、「Youtube」の視聴中に、「iTunes」でその楽曲が提供されていれば、直接購入リンクから「iTunes」起動して遷移できるようになった。

画像は以下。
右下に「Ad」という小さなボタンが表示され、こちらを押すと下画像のように広告枠が表示される。



これは1つの新しいPR/広告の形。
元気の無い音楽業界にとっては、曲をPRする1つの手段になりえる…のかな??

⇒ 続きを読む