タグ:

戦争

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

こうの史代さんの漫画。

上巻・中巻・下巻の三部作。
上・中巻は数ヶ月前に発売されててすでに購入済み。で、昨日本屋さんに行った時、下巻が発売されてるの発見して、即効で購入。この下巻で作品は完結しました。

こうのさんの作品は「夕凪の街 桜の国」という素晴らしい作品を読んでファンになり、それ以来「長い道」とか別の作品も読ませてもらい、その優しい作品に感銘を受けて、さらにファンになった次第。

今度「さんさん録」も買ってみようかなと思ってるところ。。

⇒ 続きを読む


監督・脚本はポール・ハギス。

この人、「ミリオンダラー・ベイビー」や「クラッシュ」の脚本を書いてる人みたい。初めて知った人だけど、この映画はかなり心に響いた。何か重たいものがズシッと体にのしかかってくる、印象深い映画。なので、この人が脚本とかに関わった他の映画も、今度機会あるときに観てみようと思う。

この映画で扱っている題材は戦争。「イラク戦争」。
舞台は2004年。2001年の9.11以降、大量破壊兵器所有を口実に、アメリカが「復讐」「腹いせ」「石油利権」様々な要因でイラクにしかけた大義なき戦争。ちなみに、2004年はアメリカの大統領選挙があった年。ブッシュが再選した年だ。誰もが何で再選出来たんだ?と思ったはず。「イラク戦争」も既に泥沼化しており、今と同様、解決策など全く見えない状況の中、アメリカはイラクへ派兵していた。

⇒ 続きを読む

押井守監督の最新作。

DVDは当然まだ発売されてないので、左の画像は他サイトからちょっと拝借したもの。

最初に言っておくが、ネタばれ内容が書いてあるので、観てない人は読まないように。。

さて、今回の最新作「スカイ・クロラ」だが。。
すっごく良かった!!!

メッセージが何より解りやすい。
間違いなく、これは10代後半〜20代前半の若者に向けて、押井監督が今の時代にどう生きれば良いのか、そのメッセージを語った作品だ。

⇒ 続きを読む