タグ:

スパイ


ボーンシリーズの最終章。
ジェイソン・ボーンの過去が完全に明らかになる。

マット・デイモン扮するジェイソン・ボーンについては何も言うコト無し。
今回も身体を張ったアクションで、気づいたらもうラストか?と思えるくらいストーリーを引っ張ってくれる。

ボーンシリーズは、主人公が世界各国を飛び回るのでそれぞれの街並を見るのも楽しみの1つなのだけど、今回もそのスタンスは健在。

ロシア(モスクワ)⇒イギリス(ロンドン)⇒スペイン(マドリッド)⇒モロッコ(タンジール)⇒アメリカ(ニューヨーク)と飛び回り、ストーリー以外でも観ていて楽しませてくれる。特にモロッコの街並はすごい。家と家の距離が凄く近い。映画のアクションでもそうしていたように、簡単に隣の家に飛び移る事が出来るくらい。

モロッコはその歴史を見ても、アフリカ大陸では珍しくしっかりとした文明が根付いている。地中海に面してるというその地理的な要因が大きいのだろう。昔から交易も盛んだっただろうし。なので、街にも活気がある。その辺の雰囲気が映画からも感じ取れて、面白いと感じるのだと思う。

⇒ 続きを読む


ボーンシリーズの2作目。

1作目「ボーン・アイデンティティ」の2年後から話が始まります。

1作目でもそうでしたが、この2作目でも、インドーイタリアードイツーロシアと、とにかく色んな国を動き回ります。街並を観てるだけで楽しいですが、パスポートを複数持ってて、複数言語を操れるという主人公の設定ならではの展開。なんか、スパイ映画の王道な気もしますが(笑)

ストーリーは、1作目より良く出来てます。
アクションシーンも、ハリウッドにありがちなドンパチでボスを倒す、みたいな単純な流れではなく、最終的に復讐する相手も銃で倒すわけではない。。このスッキリとしない終わり方も、作品全体に流れる、ちょっと暗い雰囲気が影響してるのかもしれません。勧善懲悪ストーリーで、最後は銃で悪を倒してスカッとする、みたいな、そんな単純な結末には落とし込めない。もっとも、主人公が殺し屋なので、明るいハッピーエンドは望めませんけども。。

⇒ 続きを読む


マット・デイモン主演のスパイアクション映画。

スパイというか、CIA工作員のお話なんですが、あるミッションの後に記憶喪失になった状態から物語が始まります。

設定としては結構ありふれてるんですけど、俳優さんも渋い人ばかりでいい味だしてますし、ストーリーも結構良かったです。主演のマット・デイモンも渋い役者さんですし。。主役の難しい2面性を凄く上手く演じてました。

⇒ 続きを読む