タグ:

アニメ

Screen Shot 2013-07-01 at 13.42.23攻殻機動隊の新作。

押井守監督の「Ghost in the shell」「イノセンス」、神山健治監督の「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」を経て、4つ目の攻殻機動隊のストーリーということになる。

監督は黄瀬和哉氏。作品は観たこと無い。

私は、神山監督の練りに練ったストーリーを展開してくれるSACシリーズが大好きなので、今回の作品はちょっと違和感があった。何で神山さんが続編作ってくれないんだろう?って。続編作るという噂も一時期聞かれたけど、結局、神山さんは石ノ森章太郎氏の「サーボーグ009」の新作を制作することを選び、昨年劇場公開された。で、この「009 RE:CYBORG」は大変素晴らしい作品だった。さすがと言うべきクオリティ。 ⇒ 続きを読む

Screen Shot 2013-05-26 at 11.02.09「エヴァンゲリオン」劇場版の新作「Q」。

映画の公開は2012年11月17日で、もちろん当日映画館に観に行った。
で、あまりの展開に頭が付いていけず、正直ストーリーの評価とかまともに出来なかった。

ようやくDVDが発売開始されたので、どんなストーリーだったかちゃんとおさらいするために、今回DVD借りて改めて観たわけだ。

なんだけど。。。

改めて観ると、「なんじゃ?これ?」って感じ(笑)

というのも、ストーリーがもはや1本道しか残されていないように感じる。
どこに向かって進もうとしてるだろ、この作品? ⇒ 続きを読む

Screen Shot 2013-05-25 at 18.45.27神山健治監督の最新作。

映画公開は去年2012年の末頃で、映画観に行ったんだけど、そのときはブログに書くの忘れてた。

で、2013年5月22日にようやくDVDレンタル(発売)開始されたので、改めて借りて観た感想をさくっとまとめとこうと思う。

まぁ、観終わった直後の素直な感想としては、ひとこと。
「難解」ということ。

神山監督の作品は、「攻殻機動隊 S.A.C.」「攻殻機動隊 S.A.C.2」の2シリーズと「攻殻機動隊 Solid State Society」の特別編、アニメ版の「精霊の守り人」、アニメ版&劇場版「東のエデン」と、それぞれ観てきた。

この人の作品のテーマは結構一貫してるように思う。

「人としての強さ」というのは共通してるテーマだと思う。また、「攻殻機動隊」で扱っている「集団的集合無意識」は、今回の「009 RE:CYBORG」でも扱っているテーマの1つ。それを突き詰めたモノが、本作品の「神(彼)」という概念、と言って良いと思う。 ⇒ 続きを読む

観てきました、細田守監督の最新作「おおかみこどもの雨と雪」。

今日上映開始だったんだけど、こういう楽しみにしてる映画は初日に観るようにしてるのです。

左の写真は映画館で撮ったポスター。
これはキャラデザインの貞本義行さんのサインかな?絵も描いてあるし。貞本さんはご存知エヴァンゲリオンのキャラデザインでも知られてる方です。キャラ観ればすぐにわかると思うけど。

そういえば、この映画のトレーラーで、ついにエヴァの新劇場版「Q」の予告があったのは驚き!!やっと上映されるのね。今年の11月17日らしい。これはこれで、今から楽しみが増えた!!

「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」の詳細はこちら
(詳細っつっても、公開日以外何も情報載ってないけど(笑))
http://www.evangelion.co.jp/

閑話休題。。 ⇒ 続きを読む


監督はシェーン・アッカー氏。
全く知らない名前なので、初監督作品かな?
それよりも、プロデューサーが「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートンってことの方が話題になった作品。

ジャンルとしてはCGアニメ作品。
そして、ストーリージャンルで言えば「SF」。

荒廃した世界で、不思議な人形達が、「マシン」と呼ばれる敵と戦うというのが大筋のストーリー。

⇒ 続きを読む