published by よねさん

ご存知、新撰組の駐屯所があったのが、ここ壬生。


四条と五条の間だが、かなり西の方。
羅生門があった位置、昔の朱雀大路のど真ん中にあったんだなー、壬生の駐屯所って。

江戸末期の京都でこの辺りが栄えていたのかどうかがよくわからない。ひょっとしたら街の中心地だったのかな?

現在の京都はJR京都駅を基点に、そして阪急河原町辺りが一番人が賑わっている。祇園付近も栄えてるか。。おそらく祇園は南座もあるし昔から栄えてたんだろうけども。

新撰組は自警団みたいなものなので、少し歓楽街から離れてるぐらいの方が取り締まるには都合が良かったのかもしれない。

しかし、京都はやはり面白い。
ここも特に目的地として行ったんじゃなくて、四条通りを散歩中にたまたま見つけたのだ。

たまたま知ってる場所が見つかってしまう、その辺が京都、歴史のある場所の魅力なんだろうなー。

住みたいかどうかってのは、また別の話なんだけどね(笑)

【地図】

より大きな地図で 京都 を表示

【参考サイト】
□Wikipedia「新撰組

今のところ「「新撰組」壬生駐屯所跡」にコメントは無し

コメントを残す