published by よねさん

僕がよく観てるサイトに「きっこの日記」というブログがあります。

まぁ、知ってる人はかなり多くて特に説明もいらないくらい有名なブログなので細かいコトは書かないですが、一言で言うと、きっこさんというスタイリストの方が書いてるブログです。

このきっこさんの文章はかなり軽快でリズムが心地よいため読みやすくて好きなんですが、それ以上に数年前に話題になった耐震偽装問題や牛肉BSE問題など、マスコミが絶対に報道しない(出来ない)社会の裏情報を教えてくれるってところでも話題になってます。あまりに裏情報が書かれているため、マスコミ関係者だとか、実は複数人が書いてるとか、色々と邪推されたりもしてますけど、まぁ、実際に普通のスタイリストさんなんだと思います。ただ、社会的に影響力があるブロガー、しかもかなり強力な所謂インフルエンサーなので、それを頼ってなかなか人に言いたいけど簡単には広められないようなリスクのある情報、例えば内部告発情報などが集まってきて、それがさらに情報の密度を高め、スパイラル的にブログを面白くしてるんだろうと思います。

さて、このきっこさんがちょっと前に書いた「強欲ジジイの茶番劇」という日記。

民主党の小沢代表が、自民党と大連立を組もうとして民主党内をまとめられず、孤立して辞任してしまった…なんてマスコミ報道されてる顛末の裏事情、実は読売新聞のナベツネと森元総理が裏で糸を引いていたってことについて書いてあるんですけど、たしかに2人が仕掛けたのは本当らしいです。。個人的にこのジジイどもはとっとと引退(隠居)して社会から消えてほしいんですが、どうやらこのジジイどもが暗躍して自民党と民主党は単に振り回されただけっていう、単純な構図ではないみたいです。

自分が同じくよく観てる「マル激」というニュースサイトがあるんですけど、ここで小沢代表の辞意会見の一部始終見ることが出来ました。小沢さんは非常に一貫した解りやすい主張をされてます。マル激の番組内でも特別収録が行われたみたいでそれも観てみたんですが、単にナベツネという悪徳商人と森という悪代官が悪いって単純な図式ではなく、小沢代表にしろ、福田総理にしろ、狙った着地点は、「アメリカ追従の安全保証体制(戦後レジュール)の大転換」という、かなり思い切った政策転換の見返りが条件の連立構想、という事情が見えてきます。

理解できずに意識的か無意識か、おっぱっぴーな報道をするマスコミの問題は置いとくとして、きっこさんの日記に書かれてることもかなり一面的な出張ってことが見えてくる。。だからこの方が信頼出来ないって話ではなく、事実もあるし事実とは違う部分もある。。ネット上にある情報の全てを全面的に信じてはいけないという心構えに改めて気づかされました。。今回の話は小沢代表の辞意表明から発覚したのだから、とりあえずはその辞意表明が一次情報、それを確かめずに誰かが言った事をそのまま鵜呑みにすると本質を見誤ってしまう。。

そんな当たり前のことに改めてはっとさせられ、実は裏で重要な政治上のやり取りをしてたってことに驚き、実現してたら民主党の政権交代よりよっぽど政治の大転換になってたのに…という残念な気持ち、それと今回の民主党側の反応を見ると小沢代表の言う通り民主党はまだまだ未熟なんだなー、と色んな側面を見せてくれた今回のドタバタ劇を通して、改めて「疑う」っていう物事の本質を見抜くための基本スタンスを考え直すことになりました。

信じすぎてもいけないし、疑いすぎてもいけない…真実(本質)を追求するのはほんと難しいです。。。

【関連サイト】
□きっこの日記

マル激

今のところ「「疑う」ということ。」にコメントは無し

コメントを残す