published by よねさん

監督はローランド・エメリッヒ。

インディペンデンス・デイ」を作った監督さんだ。その他、「デイ・アフター・トゥモロー」なども製作している。

この映画もこの2本と同じ路線。パニックムービー。

ストーリーはわかりやすい。地球の地殻がズレ、世界中が崩壊する。これだけだ。縦軸のストーリーはほんとにこれだけ。あとは横軸として「家族愛」というお決まりの属性。

災害の映像はたしかにすごい。手に汗握るし、仮に災害が起こったとしたら、こういう感じになるだろうな、と恐ろしくもなる。しかし、主人公達が毎度毎度ギリギリのところで助かるのはかなり嘘くさい演出だし、何よりストーリーが決定的につまらない。

そう、とにかくストーリーが面白くないのだ。観終わった後に「いい作品観たな〜」と満足感を全く得られなかったのは。

「インディペンデンス・デイ」もかなり単純なストーリーで、だからこそ「受けた」面があると思うのだが、この監督の作品はストーリーはあまり練らずに「映像」重視の傾向があるのかもしれないな。。

次にこの監督の作品観ようと思うときは注意しよ。。

少なくとも、ストーリー重視する自分の価値観には合わない作品だった。
ただし、パニックムービーが好きな人であれば、観て損は無いと思う。

□参照サイト
「2012」公式サイト

今のところ「「2012」」にコメントは無し

コメントを残す