published by よねさん


スパイク・リー監督作品。

主演がデンゼル・ワシントンって知ったのは観終わった後なのですが(笑)、こういった強盗を扱った作品には珍しく、最初から最後まで一人も死なない、後味の良い作品です。

脚本も良く出来てて、そもそも何故強盗に入ったのか?それを最後まで明かさずに、また主犯のクライヴ・オーウェンもどうやって最後脱出するんだろ?と最後まで飽きさせませんでした。

展開の早いサスペンスにありがちなハラハラするような緊迫感は無いんですが、しっとりとした感じというか、大人のサスペンスというか、何か妙に安心して観れた気がします。

ジョディ・フォスターも久々。やっぱりいい女優さんですねー。
昔「マーヴェリック」を観てからすごく好きなんですよね、この人。
知的な美女というか。。

映画観てると思うんですが、自分はどんなに見た目が粗野だとしても、振る舞いの中に知性が感じられる、知的な女性が好きなようです(笑)

映画館で観るほどの作品ではないと思いますが、DVDならば借りて観る価値あると思います。

今のところ「「インサイド・マン」」にコメントは無し

コメントを残す