published by よねさん

今週はやけにお仕事忙しくて、何日もお昼食べずに仕事やってた。

そんな忙しい週だったけど、金曜日はそこそこ落ち着いてたので、仕事帰りに新宿の「K’s cinema」に行って、チェコアニメ映画祭2006のCプログラムを観てきました。
疲れてはいたけど、今日が最終日だったし、レイトショーでしかやってなくって夜9:00〜10:30の1本だけなんだよね…仕事帰りに行くのがちょうどいい時間帯。

先週吉祥寺で観に行ったときには、すんごいちっちゃい映画館で全席合わせても30席くらいしか無かったし、朝一番の時間帯だったからか、あんまり人が居なかったけど、今日は金曜日のこんな時間なのに50人以上はお客さんがいた。

東京だからってのもあると思うけど、結構チェコアニメのファンがいるんだなと妙に感心。

今回のプログラムは、美術・監督別に
 ●パヴェル・コウツキー
   「履歴書」「ジレンマ」「カタストロフィー」「ひとめぼれ」
 ●ミロスラフ・シュチェパーネク
   「タフなビリーとジャイアント・モスキート」
 ●ヨゼフ・チャペック
   「郵便屋さんの話」
 ●ズデネック・スメタナ
   「めがね」
 ●ヨゼフ・パレチェク
   「魔法の果樹園」「けしのみ太郎」
の計9本

前回観たAプログラムと美術・監督はあまり変わんない。
Aプログラムはパヴェル・コウツキーの話が一番面白かったけど、今回も同じ。
今日一番面白いと思ったのは「履歴書」。

この人の話、なんか哲学的というか、批判(皮肉)的というか、科学的というか…なんか説教受けてるみたいなんだよね。本人にその意識は無いかもしんないけど。
つまり、この人ひねくれ者なんだと思う(笑)
同じひねくれ者の自分としては、フィーリングが合うんだな。
なんとなく、今自分がこういうアニメ作品を作るとしたら、同じような切り口の作品になるよーな気がする。

全部で1時間半くらいなんだけど、さすがに週末で疲れてたのか、「めがね」の辺になると、まぶたが…
この作品の結末は覚えてない、というか完全に寝てました(笑)

けど、今日の作品全体的に面白かったー。
今回の作品DVDとかで販売されないかな?
パヴェル・コウツキーの作品集とかがあれが一番いいんだけど。

今日は特に結びの意見も無く終了っす

今のところ「チェコアニメ映画祭(2)」にコメントは無し

コメントを残す