published by よねさん

GW中、何か映画でも観に行こうかな?と思って調べてみたら、吉祥寺のバウスシアターで「チェコアニメ映画祭2006」ってのやってたので、「こりゃ面白そう〜」と思って観に行ってきた。
(チェコアニメ映画祭2006の公式HPはこちら)

チェコのアニメ−ションは、日本のリミテッドアニメショーンや、アメリカとかのフルアニメーションとは違い、マリオネットなど人形劇が発展してるお国柄からなのか、変わったテイストで面白い。

映画祭はA〜Dプログラムまであり、今日観に行ったのはAプログラム。

内容は美術監督別に、
 ●パヴェル・コウツキー
   「メディア」「カフェ」「ネズミ、万歳」「バイオリン・コンサート」
 ●ミロスラフ・シュチェパーネク
   「復讐」
 ●ヨゼフ・チャペック
   「犬と妖精の話」
 ●ズデネック・スメタナ
   「エンド・オブ・ザ・キューブ」
 ●エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー
   「ある粉屋の話」
 ●ヨゼフ・パレチェク
   「ちびトラちゃん」「カシュパーレックとホンザ 盗まれた王冠」

この人達はチェコでも有名なデザイナーなのかな?

一番面白かったのは、パヴェル・カウツキーの「メディア」。
シニカルな作品だけど、話の展開もアニメーションも面白い。
この人の別の作品「カフェ」も凄く面白かったし、Cプログラムはこの人の作品たくさんやるみたいだから、場所は新宿になっちゃうけど、このGW中に観に行こうっと。

ヨゼフ・チェペックは、ペトル・チャペックのお兄さんとのこと。
この「犬と妖精の話」の原作はペトル・チャペックで、Bプログラムの「宿なしルンペンくんの話」やCプログラムの「郵便屋さんの話」も美術監督:ヨゼフ・チェペック、原作:ペトル・チェペックみたい。
良い話だったけど、アニメとしてはちょっと退屈だったかな。

エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーは、ヤン・シュヴァンクマイエルの奥さん。
(このsecond nameは、チェコ語で男と女で読み方違うのかな?)
残念ながら去年10月に亡くなってしまったみたいです。
話はキリスト教の教訓を元にしてるとのコト。話自体は結構ありきたりだけど、絵がすんごい狂気的で、さすがヤンの奥さんって感じ(笑)
アニメとしてはそんなに面白味は無かった。

さすがに上映作品数が多いので、途中眠気が襲った作品もあったけど、全体的に面白かった。

お家に帰ってから、昔買ったヤン・シュバンクマイエルの短編DVD観たけど、やっぱこの人頭おかしいな(笑)

ただ、表現方法って人によって国によって色々あると思うけど、伝えたい事ってのはそんなに違わないかな?とも思う。だから、「面白い」って感じられるんだろーし。

ヤンの作品で「アリス」とか「ファウスト」とかもあるので、いつかDVD買ってみてみたい。ただ、ちょっとDVD高いんだよね…

今のところ「チェコアニメ映画祭(1)」にコメントは無し

コメントを残す