published by よねさん

観たのは1ヶ月以上前だけど、今更ながら投稿。

ジャン=ピエール・ジュネ監督の作品。

ご存知、この人は「アメリ」の監督さん。「アメリ」を一度観ればわかるけど、この人の作品はストーリーを楽しむというより、編集というか演出というか・・作品全体の世界観を楽しむ作品が多いように思う。フランスのコメディタッチの映画はこのパターンが多い。この作品も同じ。よく考えれば、アメリカのコメディも同じか。。各国のユーモアセンスは微妙に違うので、その違い、世界観が受け入れられない人はこの映画も楽しめないだろう。

で、自分は「アメリ」好きなので、何の問題もなく楽しめました♪

ストーリーは単純。

ある事故で頭に弾丸が残ってしまった男「ミックマック」が、その銃を作った武器会社に復讐を果たす、というもの。
復讐と言うより「いたずら」に近いかな?だからこそ、1つ1つのいたずらの仕掛けや結果を楽しんで観れる。

映画全般通して、かなりゆるーい雰囲気。
何となくTwitterっぽいかも(笑)
音楽が郷愁感誘うからかな?古き良き映画を思い出す。「アメリ」もそうだった。

いたずらのツールとしてYoutubeが出てくるのが今っぽい。
こういう使い方は、Youtubeや日本では特にUstreamとかで、日常的に使えそう。
iPhone使ってリアルタイムでUstream配信とか、今なら携帯ツールで簡単に出来るので。スゴイ時代だねー。

何度も観たくなるような映画じゃないけれど、ちょっと気分が落ち込んだときとかに、少しだけ幸せ気分を味わうには良い作品。監督の次回作にも期待してます!

今のところ「「ミックマック」」にコメントは無し

コメントを残す