published by よねさん

4月1日に、ドコモからSony Ericcson製、そしてGoogleのミドルウェア「Android」が搭載されたスマートフォン、「Xperia」が発売された。

その発売に合わせて、大阪梅田のビル「イーマ」に「Xperia」専用ショールームが開設。
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/100324_00.html

「何だと?それはぜひ行かねば!!」と、早速4月1日の仕事終りに「Xperia」触りに行ってきました。



ショールームは「infinity gete」なんて、かっこいい名前がついてる。
「イーマ」の1F。入り口から入ってすぐなので、行けばすぐにわかる。

中には「Xperia」が20台ほどあって自由に触れることができる。
なので、早速1台手に取ってみる。



触った感触はiPhoneとそれほど変わらないかな?けど、さすがにソニエリ製。デザインは洗練されてる。
ソフトウェアも洗練されてる印象。使い込んでみないと良し悪しはわからないけど、初めて触った印象としては悪くない。

中に入ってるアプリは、まぁiPhone使ってれば見慣れたアプリばかり。目新しさは無い。



(画像がちょっとぼやけてます。初代iPhoneの不満はこの写真の解像度の低さなのよね。。)
Gmailとか普通のEメールなど。。



当然Youtubeもあり。その他細かいアプリもプリインストール。ちょっとアプリが多い。この辺り、ソニー製のパソコン「Vaio」を思わせる。プリインストールのアプリは少ない方が個人的には好きなのだが。。余計な親切と感じてしまうのよね。

洗練はされてるけど、iPhoneと比べての目新しさが無い。
これならiPhoneの方がいいかなーと感じてしまう。

ただし、唯一良いと思うのが「マルチタスク」。
この優位性は使い込まないと感じられないとは思うが、シングルタスクのiPhoneは処理がかなり遅いし、結構アプリ使ってる途中で落ちる。性能が低いのだ。「Xperia」の良さは、iTuneに対抗するAndroidマーケットが後発故にソフトウェアの数では(当面)敵わないだろうことも考えると、ハード面の「マルチタスク(高スペック)」に支えられるのではないだろうか?

(ただ、iPhoneアプリはMacでしか開発できないから、AndroidアプリがWindowsでも開発できるのであれば、過去MacからWindowsに趨勢が移ったように、Androidアプリが市場を席巻するかもしれんけど。。)

ついでに、通信についても書いておく。

ショールームに居たお兄さんに聞いたのだが、通信は当然ドコモの3G。PCの通信も定額になる「パケホーダイダブル」の加入が条件。つか、加入しないとエライことになる。。で、既存のドコモ携帯端末のSIMカードはそのまま「Xperia」でも使えるとのこと。もちろん「パケホーダイダブル」に加入したSIMカードの方が良い。

「Xperia」同士であればSIMカード差し替えは可能。しかし、「Xperia」のSIMカードを普通のドコモ携帯端末には差し替えできないらしい。

で、もちろんだが、SIMロックがかかってる。

ちょっと驚いたのが、アプリが購入出来るストア「Androidマーケット」の一部アプリをローカライズ(翻訳)した「ドコモマーケット」。てっきりドコモ課金でアプリ購入するのかと思ったら、クレジットカード決済とのこと。つまり、ドコモはスマートフォンのアプリ販売ではビジネスする気はなく、純粋に通信キャリアとして関わるらしい。
(つまり、「ドコモマーケット」は無料サービス?それだとコストかかるだけだと思うが。。)

ちなみに、「ドコモマーケット」⊆「Androidマーケット」という関係性。「ドコモマーケット」独自のアプリは存在しないらしい。

であれば、SIMロックなんぞ外して、キャリアの看板付きじゃなく、ソニー・エリクソン製品として「Xperia」発売してくれればいいのに(笑)で、SoftbankのSIMカードでも「Xperia」が使えると。。それなら「Xperia」買ってみようかな?と少しは思うのにね(Sony Ericcsonさん、その辺り販売機会失ってますよ(笑))。

今のところ「Xperia」買う予定は無いけど、仕事でも使うことになるだろうから、Android携帯を一台は持っておきたい。
その1台となり得るか??まぁ、SIMロックかけてるなら無理だけど。。

KDDIやソフトバンクでもAndroid携帯が発売されるらしいので、iPhoneユーザとしては、ソフトバンクのAndroid携帯に当面は期待することにしよう。

今のところ「スマートフォン「Xperia」発売!」にコメントは無し

コメントを残す