published by よねさん

今日は朝からサッカー欧州チャンピオンズリーグの決勝戦やってたので、前の日早めに寝て3時半に起きて試合観てた・・(この時間帯ってすげーキツイ)まぁ、そろそろワールドカップも始まるし、だいたい試合時間は同じなので、事前練習ということで(笑)

決勝のカードは、スペインの「バルセロナ」 VS イングランド「アーセナル」

結果だけ言っちゃうと、バルセロナが2対1でアーセナルを降し、14年ぶりの優勝を果たした・・んだけど、アーセナルを応援してた自分としては、残念。。

アーセナルは正直、僕の中ではそんなにすっごく強いチームって感じはしない。

キーパーは、カーンを押しのけドイツ代表チームの正ゴール・キーパーになったレーマン、この人の手に吸い付くようなキャッチング技術は、試合観て「すげ~っ♪」と感じたので、前半の一発レッドカード退場は凄く残念だった。
ディフェンスもアシュリー・コールやコートジボアール代表のエブエやトゥレなどタレントが揃ってるけど、オフェンスがアンリしかいない、なんか凄くバランスの悪いチームって印象。
(漫画「スラムダンク」の湘北みたいな、スタメンだけが強いって印象のチーム、わかるかな?(笑))

アンリの攻撃力はほんと絶対的な感じするので、戦略上は問題無いとは思う。
レーマン退場後、10人になった状態でも、アンリ一人で何回か決定的な場面は作れたし。
そういう意味では、早い時間から10人になっちゃって、後半体力無くなり、立て続けに2点入れられたのは仕方ないとも言える。最後の5分間なんか、全然動けてなかったし。(・・ラストチャンス作る事もできなかったもんね)

アーセナルのベンゲル監督は、昔日本の名古屋グランパスエイトで監督やってた縁もあり、日本代表試合の解説をたまにやってる。
Jリーグ始まった当初、名古屋グランパスはほんとーに弱いチームで、ベンゲルが監督になって、当時ユーゴ代表キャプテンだったストイコビッチが入ってから急に強いチームに生まれ変わった。

その後アーセナルの監督になって、ほぼ10年。

アーセナルはそんなに資金のあるチームではないけど、それでも強いチームに仕立てあげたその手腕はほんと尊敬に値する。
今期のイングランドプレミアリーグでも、結局優勝したチェルシーが早い時期から独走してたこともあり、国内リーグをある意味犠牲にしてチャンピオンズリーグに賭けてきた(ちなみに、パルセロナは既に国内リーグでの優勝決めてる)
また、チームの絶対的な大黒柱でもあるアンリも、来期は移籍するかも?みたいな話もちらほら出てきてる(この人ももう7年くらいこのチームにいるのか・・・)。

そういう色んな想いの込もってる事情もあったので、ほんとに優勝してほしかった。。

勝負には勝者と敗者は当然あるわけで、けど、やっぱし負けた方は全くスポット当たらないわけで・・勝負事ってほんと残酷だなぁーと改めて思う。
だけど、そんな残酷な勝負事だけど、真剣だからこそドラマも生まれるし、そういうとこ含めて観てて興奮できる。

やっぱり真剣勝負って面白い!!

ワールドカップが始まるのが今からすんごい楽しみ~。

今のところ「欧州CL決勝戦!!」にコメントは無し

コメントを残す