過去の投稿:

2008年2月


フランス映画。
そして、ラブストーリー。
ラブストーリーを観るのは随分久しぶりです。

全編フランス語ですが、監督は日本人の諏訪敦彦さん。この人の作品は初めてですが、ヨーロッパではかなり人気のある監督みたい。日本ではあまり知られてないですよね。

15年を迎えた夫婦が離婚を決意し、友人の結婚式で来たパリでの数日間の互いの心の揺れを描いた作品。

ワンカットがとにかく長くて、カメラ位置も変えない。同じカット割りで俳優さんの動きも無く、セリフだけがモノローグのように語られる。。フランス映画特有の雰囲気。全体的に暗めの明かり。結構好きです。

⇒ 続きを読む


ボーンシリーズの2作目。

1作目「ボーン・アイデンティティ」の2年後から話が始まります。

1作目でもそうでしたが、この2作目でも、インドーイタリアードイツーロシアと、とにかく色んな国を動き回ります。街並を観てるだけで楽しいですが、パスポートを複数持ってて、複数言語を操れるという主人公の設定ならではの展開。なんか、スパイ映画の王道な気もしますが(笑)

ストーリーは、1作目より良く出来てます。
アクションシーンも、ハリウッドにありがちなドンパチでボスを倒す、みたいな単純な流れではなく、最終的に復讐する相手も銃で倒すわけではない。。このスッキリとしない終わり方も、作品全体に流れる、ちょっと暗い雰囲気が影響してるのかもしれません。勧善懲悪ストーリーで、最後は銃で悪を倒してスカッとする、みたいな、そんな単純な結末には落とし込めない。もっとも、主人公が殺し屋なので、明るいハッピーエンドは望めませんけども。。

⇒ 続きを読む


マット・デイモン主演のスパイアクション映画。

スパイというか、CIA工作員のお話なんですが、あるミッションの後に記憶喪失になった状態から物語が始まります。

設定としては結構ありふれてるんですけど、俳優さんも渋い人ばかりでいい味だしてますし、ストーリーも結構良かったです。主演のマット・デイモンも渋い役者さんですし。。主役の難しい2面性を凄く上手く演じてました。

⇒ 続きを読む

漂流教室 1 (ビッグコミックススペシャル)
漂流教室 1 (ビッグコミックススペシャル)

今更ですが、「漂流教室」を読みました。

ご存知、楳図かずおさんの名作。楳図さんが吉祥寺に住んでいるからってわけではないですが(笑)、吉祥寺の喫茶店「シェモア」で読破しました。

1972年〜1974年まで少年サンデーで連載されていたようです。何と僕の生まれる前!! 日本とアメリカ(アメリカ版は日本との共作)で、それぞれ映画化もされているみたい。

さて、そんなひと昔前の作品なのですが、ストーリーはあまり古さを感じません。もちろん時代背景は相当古いですが、全5巻を一気に読破するくらい力のある作品です。

⇒ 続きを読む


このブログ立ち上げて初の作品は「ベクシル」。フルCGアニメです。

映画を観に行こうかどうか悩んで、結局観に行けず。。DVD借りて観てみました。

舞台は2077年の日本。国連を脱退して鎖国状態になり10年経った日本に、アメリカの特殊チームが潜入するという、大雑把に言ってしまうと、そういうお話。

何故最初の作品なのに大雑把かというと(笑)、とにかく設定がいい加減で話も面白くない。はっきり言って駄作です。たいして印象にも残らない。

⇒ 続きを読む