過去の投稿:

2006年

次のその政治の問題だ。

最近は官僚がすべての諸悪の根源で、官僚組織さえ変えれば全ての問題が解決するのだ!!みたいな単純な論調がそこかしこに見られる。たしかに官僚組織も制度的に腐っているので変える必要はあるけど、政治家にブレーンがいないのが一番まずい状況ってのがこの本で理解できた。

官僚ってのは要するに「政策エリート」だ。
何かしら政治主導で行わなければいけない案件があった時に、そのプランを考えて時には実行もする。
その役割自体は当然必要で、頭の良い(偏差値が高いって意味ではない…)エリートがその役割を担うのは当然だと思う。

政治家はその方向性を決めるだけなので、細かいところは官僚任せになるのも仕方ない。

問題は、その官僚に対抗するカウンターパートがいないことだ。
海外では普通に存在する、政策シンクタンクや政策NPO団体、政策秘書官や、知識人や大学教授などの一般エリート層がほとんど無いため、官僚の政策を「これはこの省庁のこの権益を守るためにこんな風に政策がたくみに盛り込まれてまっせ」と政治家に助言(ロビーイング)できるだけの勢力が存在しない。これが一番まずい。

⇒ 続きを読む

最近良く観ているインターネットのビデオニュースがある。
それが「videonews.com(通称:マル激)」という番組。

ジャーナリストの神保哲生さんと、社会学者の宮台真司さんが、毎回ゲストを呼んで大手メディアが取り上げないようなネタの掘り下げをやっている、凄く勉強になる面白い番組だ。

本も4册程出てて、3冊読んだんだけど、目から鱗落ちまくりの内容でほんと面白い。
9.11テロ以降のアメリカについて、また日本のメディアや政治、そして官僚のモラルハザードやその対抗方法などなど、非常にためになる内容になってる。

しかし、読めば読むほどだんだんと暗くなってはくる…(笑)それはこの日本のどうしようもない現状が、あからさまになってくるから。

まずはアメリカ。
9.11以降、かなり強硬な路線を進めてきた共和党ブッシュ政権だけど、その閣僚達が石油メジャーとかなり濃密な関係であり、つまりはイラク戦争は国際的な同義に基づいたものではなくて、完全な利権争いにしか過ぎなかったということ。そして、それを止める術を、現時点では世界中の国が持っていないということ。
かなり暗澹たる気持ちになってくる世界の状況。

⇒ 続きを読む

今日AmazonからDVDが届いた。
待ちに待った攻殻機動隊のDVD「Solid State Society」。

全く知らない人もいると思うから一応説明しておくと、「攻殻機動隊」ってのは漫画が原作のアニメで、主人公達は公安の1組織に所属してるという設定。それが公安9課、通称「攻殻機動隊」って呼ばれてる。
まぁ、設定がかなり複雑なので、あまり細かく説明するのは避けとく。。興味無い人はよくわかんないと思うし(笑)

攻殻機動隊のOVA 1st&2ndシリーズはストーリーもクオリティも音楽も全て文句無しの作品で、昔から大好きでDVDも毎回買ってた。1年くらい前に深夜のTVでも放映してたかな。(ちなみに映画版は違う監督で、あまり一般向けじゃないです。マニアックでけして面白く無いし)。
最近はあまりアニメを見なくなったし、心待ちにして見るようなアニメは、あとは宮崎駿さんのアニメくらいかな…だから、こーいう楽しみに待って見れる作品があるって、凄い幸せ感じる♪

⇒ 続きを読む

めちゃ久々な更新。

お家のMacマシンのOS再インストールとかしてたら、なんかブログ更新してる暇あまり作れなかった。。
やっと10.4のTigerになったよ。快適快適♪

まぁ、それは良いとして、久しぶりなので何をネタにしようかと思ったけど、ついこないだ国会で与党が衆議院で強行採決した「教育基本法」の改正について書いてみようと思う。

そもそも何で今教育基本法を改正しなくちゃいけないのか。。

これはまずその法律そのものを見てもらった方が早い。
なんか頭痛くなるかもしんないけど、実は今の教育基本法って11条からなるすごーく短いものらしい。
このリンクから全文が読めるのでぜひ読んでみてほしい。

実は読んでみると、もっともらしいことが書いてあるって感じると思うし、自分もそう思ったけど、これを急いで改正しなくちゃいけない理由なんか特に無いように思える。。

⇒ 続きを読む

3連休ももう終わりだけど、のんびりとした日曜日を過ごしてるところ。

こんな日は、HDレコーダーに撮り溜ってる番組をまとめて観る良いチャンス。
で、2ヶ月くらいたまってる「タモリのジャポニカロゴス」を観た。

この番組は昔の美しい日本語を問題形式にしてクイズで答えるような、要は言葉遊びのバラエティ番組なんだけど、この中で昔の『重さの単位』ってやつが問題で出た。
僕は「貫」「分」「厘」「毛」くらいはわかったけど、あとは全然わかんない。

正確に並べると、「貫(かん)」「斤(きん)」「両(りょう)」「匁(もんめ)」「銖(しゅ)」「分(ぶ)」「厘(りん)」「毛(もう)」。

そういえば、「尺貫法」ってのは昔習った気がする…。
なんと「計量法施行法」なるものがあって、正式な取引や証明上の計量で尺貫法は使っちゃいけないって決まってるらしい。日常生活ではまだ使ってる人もいるみたいだけど。

⇒ 続きを読む