published by よねさん

新鉄拳チンミ(1) (講談社コミックス)
新鉄拳チンミ(1) (講談社コミックス)

連日のマンガつながり。

作者は前川たけしさん。
昔からこの人のマンガ好きだったんだよねー。ビリヤード扱った「ブレイクショット」とかね。

鉄拳チンミシリーズは、「鉄拳チンミ(全35巻)」「新鉄拳チンミ(全20巻)」「外伝(全2巻)」「鉄拳チンミ Legends(現在9巻)」と続いてるが、初期シリーズは35巻全部読んだけど、その続編は読んでなかった。結構巻数もあるしね。それを、「新鉄拳チンミ」⇒「鉄拳チンミ Legends」と、今回一気に勢いのまま読んだわけです。

感想は、「面白かった!!!」
何よりその一言に尽きます。

様々な性格のキャラクターが出てくるが、最後は「人を信じられる結末」で終わる。人って信じてもいいよね、って思える。また、作品独特の気軽さ/気楽さもある。キャラの性格に現れているが、おそらくは作者の人柄がそうなんだろうと思う。だから、前川さんの作品が好きなわけで、要するにこの人はすごく良い友達になれそうだなー、って思えるわけだ。

作品読んでてそこまで思うことも自分としては珍しい。

この「新鉄拳チンミ Legends」は9巻で終わりかと思ったけど、まだまだ続きそう。

続編が楽しみ!
「楽しみを待てる」って状況は、ほんと幸せなことです。

今のところ「新鉄拳チンミ」にコメントは無し

コメントを残す