published by よねさん

ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ
ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ

伊藤守さんの著作。

氏はコーチング会社の会長も勤められているみたい。

「コーチング」は以前から興味があった分野で、何かしら取っ掛かりとなる本を読んでみようと思っていたが、この本はすごく分かりやすくて最適な入門書。

もっと深堀りすれば理論や方法論も複雑になるんだろうが、「世界一シンプルなマネジメント術」と銘打ってるだけあって、方法論も非常に簡単。明日から実施できる。

ついでに言うと、このシンプルな装丁も良い。
Discover社という出版社は最近で良く買ってる。
ここの装丁デザインは、妙に感覚的に気持ち良い。

さて、目次は以下の通り。

第1章 この3分間が組織を変える!
 1.2つの時間をつくる
 2.3分間コーチは、コミュニケーションのプラットフォームをつくる
 3.実行されることの量とスピードが変わる
第2章 その瞬間をつかまえる
 1.観察して、その瞬間をとらえる
 2.仕事の流れに沿って、場面をとらえる
 3.ニーズに沿って、場面をとらえる
 4.部下が声をかけやすい環境をつくる
第3章 そこに、その<場所>をつくる
 1.どうやって、声をかけるのか?
 2.どうやって部下に話させるのか?
 3.信頼関係を築く
第4章 これについてコーチする
 1.ビジョンをつくる
 2.問いを共有する
 3.個人の目標を設定する
 4.今いる場所を示す
 5.リソースを最大化する
第5章 コーチ型マネジャーの時代
 1.そもそもコミュニケーションは大切か?
 2.いかにして変化を起こすか?
 3.コーチ型マネジャーの時代

内容は簡単だが、実践するのは難しい。簡単だからこそ。。

今の時代、人材不足の穴埋めとして「プレイングマネージャー」が重用されているが、大抵は「プレイング」に時間が取られて「マネジメント」は後回しにされている。
自分の前の職場もまさにこの形。
しかし、管理職とは本来「マネジメント」するからこその管理職なのであって、「プレイング」だけならただの社員だ。

特にIT業界は業界的に若いこともあり、また人材が育っていないこともあり、この手の会社が多い。
本来「プレイヤー」として仕事をする能力と、「マネージャー」として仕事をする能力は完全に別モノなのだが。。

しかし、「部下を持つ」という状態はいつでも起こりえる。
そういう意味で、管理職に興味が無い人でも読んで得るものは多い。

本質は割とシンプルで「コミュニケーション」と「目標設定」。
この2点と感じた。

コミュニケーションと言うと長い時間をかける印象を持ってしまうが、一日(一回)3分間で良いから!!というのが、この本最大のメッセージ。

そうなのである。
「コミュニケーション」と肩肘張る必要はない。
簡単な会話の積み重ねで良いのだ。

ちょっとした会話をしない上司は、自分に興味が無いのだと、部下としてはすぐに感じ取ることが出来てしまう。
それは今までの経験として実感できる。
一人一人に対して「関心」を持つこと。それが重要。

読んでみると、若い人の価値観に照らすと、割と当たり前のことが多い。
しかし、古い価値観、上からモノを言うタイプの上司だと、この手法を使うのは相当考え方を変える必要がある。

Amazonを見ると、2008年5月2日時点で24位の販売実績。
こういう本が売れるということは、実践できてない人が多いということ。

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」の書評でも書いたが、大事なのは「古い価値観を変える」こと。
コーチングする相手に「変化」を求めるのは重要だが、何よりコーチングする立場の人が変化しないとこの実践は出来ない。

この本を読んで、一人でも多くの人が(特に上の世代の人が)この実践を試みてくれることを望む。

今のところ「3分間コーチ」にコメントは無し

コメントを残す