published by よねさん

今日はお仕事後に美容室に行くため銀座へ。

しかし、銀座に行くのはそのためだけじゃなく、それよりも大きな目的が。。

なんと、銀座アップルストアに「Macbook Air」の実物が先週末から展示されているのだ!!!

触ってみなくちゃ始まらない…ってことで、早速触ってみました。

やはり驚くのがその軽さと薄さ。
1.36kgという軽さは、実際に持ってみるとその数値から想像できる以上の驚きがある。

会社で富士通の「Let’s Note」を使ってる人が多いが、やはりその軽さが好まれている。
重さの数値だけを見ると、「Macbook Air」は「Let’s Note」より重かったりするんだけど、何故か「Macbook Air」の方が軽く感じる。

それは、この薄さが一役買ってる。

ほんっとにペラペラに薄い。
実際の重さよりも軽い感じがする。

ついでに、iPhoneでも採用されているマルチタッチが付いてる。
画像を拡大縮小するのに指先の軽い動きで操作できる。
さすがに素晴らしい感触と操作性です。

しかし、実はそれだけなんだよね。。。
HDDの容量はMacbookより落ちてるし、DVDドライブも付いてない。
値段の高い「Macbook Air」の方は、ソリッドステートドライブ(SSD)という新しいディスクシステムを使ってるらしい。店員さんに話聞いてみたらば、通常のHDDではなく、フラッシュメモリを使ったドライブとのこと?

まぁ、この手の話は自分の方が専門なので、自分でちゃんと調べた方が正確。
どうやら半導体メモリを外部ディスクと認識させ、アプリケーションのホットファイルへのアクセスを高速化させることにより、全体的なパフォーマンスを上げる仕組みのようだ。

ただ、相当お値段が張る。
通常のHDDより10万円は高いとのこと。
だから、高い方の「Macbook Air」は40万円近くするみたい。
しかも容量はたったの64G。

安い方を買うとしても23万円。
コストパフォーマンスを考えるとちょっと躊躇してしまう。
しかし、この軽さと薄さはすごい魅力。

買うべきか買わざるべきか。。
実際に触ってみたけど、なかなか決心が付きませんね。

皆さんは買いますか?

今のところ「「Macbook Air」の感触」にコメントは無し

コメントを残す